スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のお気に入り


log:1月.2月.3月.4月

【近況報告】
最近観たい映画がいっぱい公開されてて、本来ならハッピーマックスなのですが実習の為断念。つらい。
ピッチパーフェクトはアメリカで観たのですが、日本で公開されたら何が何でも見ると決めていたのに、この辺でやってる映画館がなくて(実習先田舎です)、物理的に不可能でした…。
メイズランナーも観たいし、ハンガーゲームも観たいし、イニシエーションラブも観たいし、トゥモローランドも観たい…。
先月までのフリーターライフで貯めまくったお金はあるが、時間と心の余裕と映画館がない。はあ…。


GW明けから実習が始まりまして、映画観るペースが週に1~2本くらいになってしまいました。
実習始まる前に就職決めておこうと気合い入れて就活して、内定取れて、この勢いで実習も乗り切れそうな気がする!とか思っていた自分を殴り倒したい。実習つらいわー。患者さん優しいけどしんどいわー。看護師怖いわー。

起きる→実習→記録→寝るという毎日を繰り返し、日々睡眠不足でコンシーラー駆使してもコンシールできないクマすごいし、記録書きすぎで手首痛いしペンだこ大きくなるしでもう最悪です。


死にそうになりながら記録している時に聴いている曲達が今月のランクインです。

3:コイスルオトメ - いきものがかり

(これインディーズバージョンのPVです)

いきものがかりの7月のライブに行くことになっていて、その事前勉強的に最近よく聴いてます。
コイスルオトメはウォークマンに重複して入ってますが、NEWTRALのアルバム(限定盤だったのか不明です、多分そう)についてきたライブ盤のやつが一番好きで、それを一番聴いていました。

中学生の頃、一番はじめに好きになった歌手がいきものがかりで、もう長年ずーっと聴いているので、歌詞とかも考えずに歌える。笑
ということもあって、勉強している時に邪魔にならないので今月はよく聴いてました。
ライブ、次に行くので四回目だと思うのですが(正直何回目かよくわからないんですけど、タオル三枚あったから次四回目だと思う)、実習の空き期間だし、思いっきり楽しんできたいです。



2:ショパン バラード第三番


記録やってる時はなんといってもクラシックです。
私にとってのクラシック音楽は、ピアノ曲とピアノ協奏曲しかなくて、その他は本当にさっぱり…って感じなのですが、やっぱりピアノずっとやってきた私のような者にとってショパンは特別です。

バラード第三番は、大学受験でレッスン辞めることになる前、毎週レッスンに通っていた時代の一番最後に本気で取り組んでいた曲で、私の中での思い入れも一層強いです。というか思い出の一曲。なんか聴いてるだけで涙出てくる時とかあって、自分でもこの曲が私の中でどういう立ち位置なのかよくわからなくなります。笑
ショパンのバラード集を延々聴いていたりしたのですが、やっぱり三番になると記憶がよみがえってきて、机の上を指でたたいてしまいます。病気だわ…。笑

ちなみに、好きな作曲家はショパンとリストとラヴェルです。

松下奈緒、女優さんとしても清楚で爽やかでいいけど、ピアノこんなに弾けるんだーってびっくりでした。
テレビでは『ありがとう』の伴奏とか、どうしても添え物的になっていらっしゃるので、こんなに弾けるのわからないですよね。もったいない。すごく綺麗な音色で心が洗われる。髪型とか着飾ってないのもいい。本気で弾いてるのが伝わりますよね。



1:Far Longer Than Forever - The Swan Princess


これ大好き!!!!!!
小さい頃、幼稚園児だった頃、ビデオテープが擦り切れるくらい見ていました。(この表現懐かしい…笑)
私がテープ擦り切れるまで観まくっていたのは、スワンプリンセスとリトルマーメイドだけです。
この映画はディズニー制作ではないのですが(元ディズニーの人が作ったらしいです。多分)、とっても素敵なプリンセス映画で、特にこの曲が素敵。オープニングの曲も好きですけどね。

ちょっと文句をつけるとしたら、子供時代から会い続け、結婚させられようとしていたオデットとデレク王子はずっと犬猿の仲だったのに、ある年突然綺麗になったオデットに心を撃ち抜かれて結婚する運びになるシーンとかちょっと微妙。結局顔なのかよ王子…的な。
で、オデットもオデットで、「私と結婚するのは、私が美しいから?」とか言い出して、それにすぐ答えられなかった王子と微妙な空気になるとことかなんか気になるよね。プリンセスものでは綺麗だとかカッコイイとかいうのを抜きにして、性格の素敵さに惹かれあって恋に落ちたとかいう甘ーい設定欲しいじゃないですか。それがちょっと足りない。

90年代生まれの子供たちは、みんなこの映画を一度は見たんではないかと思う。(言い過ぎかも)
このシーンでは、魔法にかけられて白鳥にされたオデットとそんなオデットを探しているデレクの掛け合いが最高。
まあ、なんてったって歌詞がロマンチックなんですわ。天下のディズニーも驚き。
最初は顔で惹かれあったって、ここまで愛し愛されてたら幸せでいいじゃない。ってなりますよ。


far longer than forever
like no love ever known
and with your love I never be alone

うー。素敵。素敵だわ。
これぞアニメミュージカル映画の恋愛ソングではありませんか!って感じですよ。
これ聴くとこの映画見まくっていた昔のこととか思い出して、なんだか郷愁にかられるというか、ノスタルジックな気分になる。笑
でも好きです。久しぶりに耳にして、一気にドハマリしてしまった一曲でした。


スポンサーサイト
プロフィール

amelia

Author:amelia
映画/音楽/christina aguilera
大学生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。