スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WDW10]WDWでの服装


ちょっと旅行記一休憩します。

WDWに行く前に一番気になるのが、どんな服で行くべきなのかというところですよね。
私もそれで一番悩みました。

私は8月に行ったので、その時期のことしかわかりませんが、その辺りで行かれる方は是非参考にしてください。



夏のフロリダ、とにかく暑い!!!

でも、苦しい程かというと、そうでもない気がしました。
私は大阪に住んでいるのですが、大阪より楽だったかもしれない。
やっぱり湿気が大敵なんですよね。日本では。
でもフロリダは全然湿気てなくて、からっとした暑さなので、汗はかくし、そりゃ暑いんですけど日本でいう「うだるような暑さ」ではないように感じました。


私がどんな格好で過ごしていたのかというと、半袖Tシャツ、ショートパンツ、サンダル(もしくはクロックス)にサングラス装備。

上はむしろ袖なくても大丈夫だと思います。
で、下はショートパンツでちょうどよかった。長いのでも大丈夫だと思いますが、暑いのでね。
靴は、最初のほうペタンコサンダル履いてたんですけど、日にちが経つにつれて足が痛くなってしまったので、機内とホテル用に持ってきてたクロックスで移動してました。

全然オシャレじゃねえ…(´つω・`)


でも、パークに来ておしゃれしてるのって日本人だけでしたから、ださくてもいいと思います。
なんか夏のパジャマくらい感じでいいのかもしれません。

そして、日本では「二の腕太いしなー」とか「足太いしなー」とか思ってる私のようなアナタ!
大丈夫です。アメリカには私達の想像を超えるビッグサイズのお方がたくさんおられます。皆さん普通に足やら腕やら出してます。あなたの太さなど比になりません。
むしろ健康的でちょうどいいのです。ばんばん晒しましょう。


ここまで散々暑い暑いと言ってきましたが、室内は超寒い!エルサいるんじゃね⁉ってくらい寒い。
本当に、容赦なくエアコン効かせてます。
節電に慣れてしまった日本人の身体には寒すぎる。京都議定書なんて完全無視なアメリカです。
男性も寒いと感じるとは思いますが、女性の方は特に上着絶対必須です。

で、その上着ってのがどれくらいのもんかっていう問題ですが。
私はユニクロのUVカットパーカーを持っていってました。
あれは親指入れる穴があいてて、手の甲くらいまで隠れる設計になってるので割とあったかいです。
でも、それではずっと室内にいるときなんかは寒く感じる時もありました。やっぱり風が直接当たってしまう席なんかもありますしね。
だから、私は超寒がりです!っていう人はもういっそのこと裏にボアついてるパーカーとかでもいいのかもしれない。
パーカーや、ネルシャツ、私が持って行った薄着のパーカーなんかは腰に巻いて歩けるので楽でいいと思います。




そして、必須なのがサングラス。
サングラスなんて日本でかけないのですが(運転するときにちょっとかけるくらいで)、持って行っておいて正解でした。
私別に目弱い方ではないのですが、すぐに目が真っ赤になってしまいました…。びっくり!
本当に☀☀直射日光☀☀って感じなので、油断せずに持参されることをおすすめします。
眼鏡やコンタクトの方もUVついてる方が安心だと思います。



そうそう、忘れてはいけない!レインコート!!!!
スコール、毎日降りました…。☂☂☂
本当に一瞬でざーっと雨が降ってきて、そんで30分くらいでやみます。
時にはずーっと降ってるときもあって、やっぱりレインコートは必須ですね。
で、そういうときは8月といえど本当に寒くなるので、上着は厚めのを持っていくといいかも。私は上着をさっき書いた一枚しか持って行ってなかったので、もう一枚少し厚めの持って来たらよかったーと思ってました。


WDWは荷物検査がしっかりしてて、東京のやつイメージしてたのでびっくり。
東京みたいな形だけお荷物検査じゃなくて、ちゃんと鞄開いて、かばんの内ポケット見せて…って感じです。
で、時間もかかってしまうので、かばんない人用の道から通りたいなーとみんな思うようになると思うのですが、そうなるとレインコート大きいの持ってると無理じゃないですか。
だから、レインコート持っていってない日とかがあったんですけど、そういう時に限ってスコールが長く続くんですよ…。

向こうの方は基本的に荷物すくなくて、大きい鞄とか持ってるの子連れのママだけかってくらいだったんですが、みんな何も持ってないような顔してレインコートだけはちゃんと持ってるんですよね。
USJのジュラシックパークで売られている、年々値上げする高すぎるレインコートをご存じでしょうか。
あれって畳まれてる時すごく小さいと思うんですけど、ああいうサイズのを皆さん持ち歩いてました。
私はTDLで買ったポンチョのレインコートを持ってたので、そんなたためなくて、すごく苦労しました。
可愛いレインコートだと目立って、キャストさんが話のネタにしてくれたりもして楽しいんですが、利便性を考えるとそういう何の飾り気もないのの方が賢明なのかも…。



マジックバンドがあるので、最悪お金も持ち歩かなくても遊べちゃうっていうのもあって、レインコートとスマホとリップをポケットに、パーカーを腰に巻いて、タオル持つってのが楽かつ効率良いのかもしれない。
私も小さいレインコートがあれば、そうしたかったです。



そして皆さん、日焼け対策は忘れずに!
以前の記事でも書いたかもしれませんが、向こうのかたはSPF75とかいう日焼け止め使っておられます。びっくりですよね。初めて見た。
日本人は有色人種なので、白人の方よりは強いのかもしれませんが、やっぱり日焼けしたくないし、日焼けしちゃうと痛いしメンテナンスも大変!(特に女子はね)

ありったけのUVコスメや日焼け止めを持って挑みましょう。
腕や足、首にも忘れずに塗って、汗をかいたら毎回塗り直しを徹底!
私は室内に入って汗がひいたら、毎回塗りなおしてました。



せっかくWDWに行くなら、思いっきり楽しみたいし、服装なんかで困ってる時間もったいないですよね。
8月のオーランド、暑いしスコールには困らされますが、決して過ごしにくい場所ではありません。
皆さんのWDW旅行の持ち物選びの参考になれば嬉しいです…。

WDW旅行記まとめ
スポンサーサイト

[WDW9]スプラッシュマウンテンとホーンテッドマンション


WDW一日目はやはりマジックキングダムでしょう!
ということで、一日目は#MK


エントランス入ってすぐのところに、多国語のマップがおいてあります。
日本語は赤い表紙のやつです。(2014年8月時点で)
でもわざわざ日本語のじゃなくても、大体わかるので英語のでもいいと思います。
もう英語に疲れたーって時は、是非日本語のを使ってください。笑
インフォメーションに行かなくても、エントランスすぐの壁際とかマップ置き場みたいなところに置いてます。




ほとんどTDLと同じということで、初心者にもまわりやすいしわかりやすい園内です。
私たちはとりあえず時計回りにまわることに。

パイレーツ

一番最初に乗ろうとしていたのが、これ。
パイレーツ・オブ・カリビアン(Pirates of the Caribbean) #attraction

でも、朝が早すぎたのかやってませんでしたσ(´Д`●)
そんなことあるのか…。

その日の昼からくらいは運転してたので、メンテナンスだったんですかね?
ちょっとよくわかりません。すみません。


で、仕方ないので諦めて、これに。
splash.jpg

スプラッシュ・マウンテン(Splash Mountain) #MK #attraction
日本でもお馴染み!

これが記念すべきWDWの初ライドとなった訳ですが、まあまあ濡れました。
ただ、8月の超暑いときに行ったので、ちょっと濡れるくらい別にどうってことありません。
多分朝イチだったので、シートは乾いてましたが、それより後になるとシートとか拭いてくれなさそうな感じでした。濡れるの覚悟で行った方がいいかも。
シートの列は普通に2人×4列。

朝いちばんだったからかご覧のとおり、ちょー空いてたので
splash11.jpg

全然並ばずに乗ることができました。
Qラインを楽しむどころか、ずんずん進んで一度も止まらずに乗車って感じです。
Qラインは別に東京のと変わらない感じだったので、そんな感激ポイントもなかったかな。

内容に関しては、ふつうに楽しかった!
落ちる前が混雑しちゃうとか、あるあるまで日本のと同じですが、外を通るときとかの景色はやっぱり新鮮だし、一度は乗っておくべきだと思います。
乗り終わると、ものすごく人が並んでたので人気アトラクションであることは確かです。
でも、ファストパスをとるほどかって言ったら、微妙かもしれないですね。
日本のとほとんど同じだし、スプラッシュマウンテンとるんだったら、ビックサンダーとかスペースマウンテンとった方がいいような気がします。
朝イチだとすぐ乗れますので、エントランスからの距離もまあまあ近いし、そちらをオススメします!

ちなみにフォトパスありのアトラクションです。
何もしてなくても勝手にアカウントに写真入ってきますよ。WDWすごいね!



その後向かったのは…

ホーンテッドマンション(Haunted Mansion) #MK #attraction

こちらも日本のでお馴染み。
内容もほぼ同じだと思いました。東京のもそんなに詳しくないので正しくはわかりませんが…。

ここはQラインが楽しかった!
触ると音がでる壁とか、水が出てくるところとかがあって(トゥーンタウン的な)、40分くらい待ちましたがそんなに長く感じなかったです。
途中から日本のと同じように室内に入りますが、エアコン効いててありがたかったー。笑
本当に暑くて、汗ふき出しっぱなしでしたから!笑

WDWのキャストさんも、あまり笑顔ない感じで、いざ乗り込む時とかも「何人?」みたいなの全然ない。各自勝手に乗り込む。東京のもそうでしたっけ?
バー下がってるかの確認のキャストさんも、確認してんだかよくわからない感じで、別にいいんですけどなんか自由だなーフリーダム!アメリカ!って感じでした。笑

これもファストパスとれますが、そこまでして乗る程ではないかなーと思います。
ファストパスだと楽しい方のQライン行けないっぽかったので、ふつうに並んだ方がいいかも。
結構並んだりもしてますが、時間を選べばそこまで長時間にはならなそうでした。
私は朝から乗りましたが、夜に乗った方が雰囲気でて楽しそうですね。
ただ、WDWは暗くなるのが遅いので、本当に夜じゃないとダメなのが難点。夜中の2時までやってる時とかに行くといいのかもしれません。

WDW旅行記まとめ

[WDW8]とりあえずホテルで休憩


本当にそろそろ旅行記事アップしていかないと、記憶が危ういので頑張っていきたいと思います。

ここからの記事はハッシュタグで分類していこうと思うので、もしよかったら活用してみてください。
さすがにWDW旅行記というくくりでは大きすぎるかな…と思いますので。
一応、#MK(マジックキングダム) #EP(エプコット) #AK(アニマルキングダム) #HS(ハリウッドスタジオ) #attraction #show #food #cg(キャラクターグリーティング)ぐらいの分類を考えています。
右上の検索欄にハッシュタグを入れると検索してくれます。



では早速。
お部屋について部屋の中を一回り観察して、景色に驚いたりしながら過ごしました。
お部屋についてはまた別の記事であげようと思います!


私達は6日間のパークチケットを購入していて、予定では着いた日はインせずにゆったりすることになっていたので、とりあえず腹ごしらえ。

コンテンポラリーカフェ
(公式サイトより)

記念すべきWDW初のお食事は…コンテンポ カフェ(contempo cafe) #food

ここはベイレイクタワーと隣接しているコンテンポラリーホテルの中にあるクイックサービスのお店です。
わかりやすく言うと、シェフミッキーの隣です。笑

ここは本当にカジュアルな雰囲気で、非常に入りやすくて、英語あまりできなくても買い物しやすくて、ご飯が面倒くさいときはよく利用しました。朝ごはんとかにも!
値段もWDW内ではお手頃価格で、メニューも日本人にも食べやすい感じだと思います。
公式ページのメニューに飛びます

私のお気に入りはターキーBLTサンドイッチです。サンドイッチは冷たいのと温かいのがあったり、フラットブレッドというWDWではよく見かけたクリスピーピザっぽいやつが売ってます。サラダとかも。


コンテンポラリーカフェ1
ぶれててすみません…


注文は入ってすぐ(写真では右側に映っている看板があるところ)にあるタッチパネルでします。
言語は英語とスペイン語が選べたのでお好きな方をチョイス。
で、あとは食べたいメニューを選択するだけ。セットでポテトとかをつけることができます。で、doneボタンを押したら、下からレシートが出てくるので、それを持ってレジにいきます。先払いシステムです。先に受け渡し場所(写真中央の看板二枚並んでるところ)が目に入るので間違いやすいです。気を付けて!

レジに行く前に、飲み物は写真には写っていない左側にたくさんあるので自分で持っていきます。あとはりんごとかフルーツだったり、お菓子もちょっと売ってます。ケロッグとかも。受け渡し場所には、挑戦する勇気がでないアメリカンカップケーキなんかもありますので、過剰な砂糖と食紅がOKな方は挑戦してみてもいいかも!(カップケーキは店員さんと話して注文しないとダメです)
そして、日本ではフードコートとかでよく見かける順番がきたら振動するやつを渡されるので、待つのみです。
お持ち帰りもできるので、ゆったり部屋で食べたいって人にもぴったり。


サンドイッチの写真撮ったはずなのですが、見つけられません…。見つかり次第アップします…。見つける自信はあまりありません…。
サンドイッチにはリンゴとシナモンが入ってるやつとか、日本じゃあまり見かけないタイプのものもあるので、内容確認しながら注文するのをオススメします。ノーマルなタイプのものは野菜もたっぷりでおいしかったです。




そして、お風呂に入ってリフレッシュ!
お部屋にはバスルーム(個室になってるのがひとつと、バスタブとシャワールームひとつ)がふたつあったので、ちょっと多めの人数でいくときにはとても便利だなーと思いました。
行く前はお風呂ふたつもいらねーと思ってましたが、いざ行ってみると5人がお風呂に入るのってかなりの時間がかかるので、パークに行った後はすぐ寝て翌日に備えるためにもとても有り難かったです。


そして、お部屋からセレブレイト・ザ・マジック(Celebrate The Magic)を鑑賞。
WDWのonce upon a timeですね。マッピングです!

ホテルからシンデレラ城


正直、肉眼ではなんか色変わってる…?変わってるよね…くらいの感じにしか見えません。多分角度の問題とかだと思います。ですが、なんだかよくわからなくても何となく観ているだけで綺麗!カメラのズームではかなり綺麗にみえます。この写真くらいには。

全然関係ないんですけど、ディズニーシーに行った時、ミラコスタからファンタズミック観てる富裕層の方々を目にしながら寒さや暑さを耐え忍び待っているのが当たり前だったので、ホテルからショー見れるということだけでかなり嬉しかった。笑
ミラコスタのように目の前でやっている訳ではないですが、MKとホテルの近くにある湖?の反射とか、いろいろひっくるめて幸せな時間でした。


もちろん音も聞こえないのですが、ある一部だけなんだか音が聞こえた…ような気がしました。この謎は翌日実際にパークで鑑賞したときに解けました。記事をお楽しみに!笑
花火は綺麗に見えて、大満足でした。ちなみに、ベランダから乗り出すようにすれば、エプコットの花火も見えました。


初日ということで、アメリカのテレビを見ながらなんとなく過ごして次の日の予定を確認したりして、ぐっすり眠れました!
ああ…次の記事からやっとパーク編に到達です…、、、長かった…笑


WDW旅行記まとめ

[WDW7]シカゴ―オーランド―コンテンポラリーホテル



シカゴからはユナイテッド航空です。
スターラインなんちゃら?的なANAとの提携便なので、チケットは伊丹でもらったやつです。

もうこの時疲れに疲れてて、何も覚えていません。笑
海外の航空会社のフライトが初体験だったのですが、なんかCAさんとかも結構雑で面白かったです。
一瞬で寝たので、飲み物サービスを受けることなくオーランドに着いていました。

とにかく言えることは、機内がまじで寒い。めっちゃ寒い。凍る。
飛行機って普通に乾燥してますけど、それを踏まえてもありえないくらい風(冷房)出てたし、ほんとに寒かったです。
絶対に寒さ対策必要です!必須です!!

あんなに寒かったのに、半袖でふつうにいる人もいたから、みんな麻痺してんのかな…。大丈夫かしら…。



で、まあなんだかんだで3時間程でオーランドに着きます。
やっと!やっとここまでこれました…。疲れた…。


でですね、オーランドからWDWまでどうやって行くかってとこですが、私達はマジカルエクスプレスを利用しました。

これは無料のシャトルバス的なやつで、専用のカウンターが空港内にあるのでまずそちらに。
で、ホテルのバウチャーを見せると、お兄さんが確認してくれます。ちなみに予約はミッキーネットでしました!

magicalexpress.png

写真が全然なかった…。全然見えませんよね、すいません…。
こういうバスが入れ代わり立ち代わりやってくるので、スタッフの方に呼ばれるまで待っていればOKです。

バスには私達の他に2組の家族が乗っていただけで、かなりお客さん少なめでした。
このマジカルエクスプレス、車内で流れる映像が面白いということで楽しみにしていたのですが、取り立てて言う程じゃなかったです…(´Д`)
変わったんですかね。なんかWDWで働いてる人たちにインタビューみたいなやつで、あれなら東京のシャトルバスで流れてるやつの方が面白いかなーと思いました。



road.png

本当にオーランドって何もないところで、この景色が一番「何かあった(道だけど)」ところでした。
ここは高速道路なのかってくらい、周りが木しかないようなところや、日本じゃ見たことのないような何もない平地が広がったりしていました。
ここで一番、アメリカに来たんだなーと思いました。

北海道に初めて行ったときに、北海道でかっ!と思ったのの何倍もの広さでした…。アメリカ土地あり余ってますね。すごすぎ。



このマジカルエクスプレス、結構乗ってるんですよ。なんだかんだで1時間くらい乗ってます。
途中で運転手さんが話し出すと、こんな景色が!

worldpaont.png


「みんなYEAHって言って―――!!!」みたいなこと言いながらクラクション鳴らしまくってここの横を通ります。笑
反射がすごくてすいません。

「やっと…やっとWDWに着いたのね…。」と長旅の疲れを癒したい私はもうそれはそれは喜び勇んだ訳でありますが、やはりアメリカWDW、そう簡単にはいかないのです。
このアーチをくぐってからもさっきまでと全く変わらない風景が広がるのです…。
「まじで?え?ここまじでWDWなの?え?」みたいになります。だって、何もないから!

ここから更にバスに乗り続け、やっとホテルに着くのです…。遠い…。

baylaketower.png


今回お泊りするのはコンテンポラリーホテル at ベイレイクタワー!!!
右にあるのがコンテンポラリーホテルで、左にある丸いのがベイレイクタワーです。で、ベイレイクタワーの前にあるレールが、このホテルの目玉ともいえるモノレールの線路!!!

コンテンポラリーホテルはマジックキングダムの近くに歩いて行ける近さというのが一番の売りでしょうね。多分。



待ちに待ったチェックインです。
英語があまりできないので、フロントのおじさんを困らせてしまったかもしれませんが、なんとか完了しました…。
バウチャーとパスポート、クレジットカードの提示(多分)とかをして、名前とメールアドレス、住所とかを書いて渡します。やったことは多分それくらいだと思います。

それから、日本から来た人はここでアレを受けとるわけですね。

magicband.png

マジックバンド―――★


なんでもできちゃう魔法のバンドです。

これを受けとったら、お部屋の場所の説明を受けて自力で向かいます。
ボーイさん呼んでもいいんだろうけど、近くにいなかったし、ボーイさんいてもうまく話せないから…。
ま、チップ代浮くしね!一人ひとつのスーツケースだから歩けるし!ポジティブシンキング♪



ってことで、やっと到着しましたWDW。
旅はまだまだ始まったばかりなのです!!!

WDW旅行記まとめ

[WDW6]成田→シカゴ(恐怖の入国審査)


成田―シカゴ間はANA利用です。

飛行機画面

この飛行機がすごくよくて、エコノミーだったんですけど画面も大きくて、隣の人の画面が見えない仕様になってました。
知らない人と隣座るとき、画面チラ見される時とかあって、あれって気分良いもんじゃないので、こういう気遣いが嬉しい♪

で、なんか画質もよかったみたいで、私は『白雪姫殺人事件』を観てたんですけど、あれってツイッターが画面に出てくる演出になってるんですね。私は不自由なくツイッターの字も読めていたんですが、帰りの飛行機で見てみると画質が粗くて字が読めなくなって、ストーリーが追いづらくなってました…。



映画好きさんじゃない方にとっては、唯一の楽しみと言ってもいい機内食サービス。2回ありました。ちなみにフライト時間は11時間くらいだったような。(最早うろ覚え)
家族で行ったので、私は和食ばかり食べていましたが、洋食の写真もあります!
珍しく写真撮ってる私グッジョブ!

無題
和食。たらば蟹の丼ものとお蕎麦?などなど。ペットボトルでお水もらえるのが嬉しい!
ちなみにお水の上にある紺の袋は最初に配られるおやつ的なアーモンドです。

yousyoku.png
洋食。食べていないのでよくわかりません。笑
メインはビーフシチューだと思います。多分。

それからそれから。
デザートにハーゲンダッツがついてくるよー!!!バニラ!!!!!!
嬉しいねえ。ハーゲンダッツってどれだけもらっても嬉しいよね多分。ハーゲンダッツ大好き。



私はユニクロのブラトップのワンピにパーカー羽織って乗ってましたが、適温でした。
ブランケットと枕もおいてあったので、寝る体制に入るときはそれ使ったりして。
一回目のご飯が終わってから、メディキュットを装着してました!

映画みたり、プレイリスト作ってきいたりして、何より寝ました。
消灯してからも、時々CAさんが飲み物とかもって歩いてくれるので、なにか欲しい人はもらえますよ!


そして二回目の機内食。

和食2
和食。煮物とごはん。パンまでついてくるという家ではありえない内容になっております。
ヨーグルトおいしかったー!

洋食2
洋食。ポーチドエッグです。ポーチドエッグって何なんでしょう。お洒落な食べ物は詳しくありません。


で、もうここからは暇との戦いです。

なんせ時間が長いので、足がむくむむくむヾ(。>﹏<。)ノ゙
メディキュットでも太刀打ちできないむくみです。
足関節回したり、指グーパーしたりして、エコノミー症候群予防に努めました。
なんかあってWDWに差障ったら最悪ですから!




なんやかんやで遅延もなくシカゴに到着~
ついに初海外です!

シカゴっつったらもう♪お――――る だ――――っ じゃ―――あ―――ず(ALL THAT JAZZ)が脳内に鳴り響いてる訳ですが、シカゴ空港からは一歩も外に出ないのでシカゴの風を感じる機会は与えられませんでしたσ(´Д`●)


入国審査です!初入国審査!
私は家族だったので、全員いっぺんに受けることができます。

で、もうさー、入国審査の人が超怖くて、ほんとに怖くて、「私もう海外いけない…」って思った。まじで。
審査の列に並ぶ前に「何番レーンに入って」とか言ってくれるお姉さんがいたので、その指示に従ってたら、隣のレーンが空いてて、ガタイのいい兄ちゃんが手あげてるんですよ。私をガン見して。

「行く?なんか呼んでる」とか言ってぞろぞろ移動。(家族みんな海外で怯えてる)
父親がパスポート出して、「何日いるの?」とだけ質問。「six days」とだけ答えて、あとはひたすら指紋と角膜?認証させられました。
"next"しか言わないんですよ。手を置く支持とかも自分の手だして、『ほら、置けよ』みたいな!!!!
なんなのあれ!!入国審査ってどこもこうなの!!!怯える日本人に何たる仕打ち!!!!

初入国審査で、ほんとに怖かったので、私はもう完全に入国審査恐怖症です。
軽い会話くらいならできるのに、何もわからないと思われたんでしょうね…。つら…・。



税関通って、ターミナル移動です。
スーツケースは一旦引き取って、またすぐ預けます。みんなが同じところに預けていたので、私もそれに倣ってあずけたら、"re check-in"っていうブースがあって、そこに行かないといけなかったみたいです。
で、「え!やばい!大丈夫!?」とパニックになりかけましたが、問題ありませんでした。何の為にリチェックインしないといけないのか詳しい方教えてください…。無知ですみません…。


シカゴ空港
シカゴ空港はこんな近未来的な通路を通ったりします。ここがすごく綺麗で、なんか感動しました!


とりあえず、無事にアメリカへ入国できて一安心。

WDW旅行記まとめ
プロフィール

amelia

Author:amelia
映画/音楽/christina aguilera
大学生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。