スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「美女と野獣」サウンドトラックが最高、特にovertureが最高。とにかくアランメンケンが最高で本当にありがとうしか言えない


何か月振りのブログでしょうか。こんな私もついに社会人二年目に突入し、最近はストレス発散の買い物・一人旅、仕事、そして映画鑑賞でしか時間を潰していません。音楽好きなのも相変わらずですが如何せん通勤にほとんど時間がかからないので聴く時間も学生時代程ではなく…。そんな私がなんとなくで始めたgoogle play music。これがすごく楽しくてハマってます。

そこで発見したエマワトソン主演の映画「美女と野獣」のサントラが素晴らしく最高で、これがテープの時代だったらもう確実に擦り切れるなってくらいエンドレスリピートしています。まだ映画観てないのに一回観たような気持ちになってるくらい。なのでちょっとその話を。



少し話がそれますが、私は映画館で映画を観るにあたって楽しみなことのひとつに「予告を観ること」があります。むしろ本編より予告を観に行ってるってくらい予告が好き。

その理由は予告って2,3分の短い映像なのに時には本編よりドキドキしたりできる、私の中でとっても面白いコンテンツだからです。映画自体が好きだけど、予告とか(サントラも含む)映画のサイドディッシュ的なものたちが本当に大好き。


で、サントラの話に戻りますが。
私はサントラを結構日常的に聴いていて、一人で映画の登場人物になった気になるという遊び(これ字におこすと完全にやばいやつな気がしてきた…)が好きです。これが結構どのサントラでも楽しくできて(ドラマのサントラとかでも楽しいし)オススメなのですが、その中でも特にオススメがディズニーのサントラです。

これは私がディズニー映画好き女+ミュージカル音楽好き女ということに起因しているのだろうと思うのですが、とにかくディズニーの音楽は聴いていて気持ちよくなれるものが多い。プラスリラックス効果もあるような気がするのです。



で、目下この何年かでトップを争うお気に入り度が「魔法にかけられて」と「塔の上のラプンツェル」のサントラだったのですが、ここにきて『美女と野獣』のサントラがごぼう抜きでバアアアアアアアアアンと私の中のトップに躍り出てきました。


とにかくこれを聴いてください。




これを聴いて感動しないディズニー好きはいない。


まるでディズニーランドに来たのかと思うようなファンファーレから、矢継ぎ早に繰り出される美女と野獣の音楽のイイトコどり!新曲と元々ある素晴らしい音楽が綺麗に融合して、最後なんて壮大すぎてめちゃめちゃ感動してしまう。

こんなのを作っちゃうアランメンケンって本当に天才でしかなくない?



ああ私、仕事でめっちゃ疲れてるし、職場は女だらけで出会いもないし、彼氏もいないし、なんか何のために働いてるんだろう…って思ってたけど、こんな素敵な音楽とそれを使った映画が観られるんならそれでいいや。って思えるくらい本当にいい。


拙い英語力で調べたところ、このOverture【序曲】はなんということか本編では流れないようで、本当にディズニー社は何を考えているのかとクレームを入れかねない勢いです。アランメンケンがこんな素晴らしい曲を作ったのにサントラにちょこっと入れるだけで本編で流れないなんて!何が起こったらそんなことになるの!?
とまあ、言いたいことはたくさんあるのですが、もうこれは仕方ない。おとなしくサントラ聞きまくります。




Overtureというのは舞台が始まると同時にオケが演奏する音楽のことで、大体その舞台(映画)で使われている音楽がばんばん繋がるメドレー的なものになるのですが、私はこれが大好きです。なんたってここが一番楽しみメーター振り切ってるし、綺麗につながっていく音楽を聴くのが気持ちいい。

例えばこういう感じ。



わくわく感がたまりませんよね!
で、元々こういう類のものが好きだった私はもう先ほどの美女と野獣のovertureを聴いて心震わせていた訳なのです。



だがしかし!この美女と野獣サントラの素晴らしいところはこれだけではない!
正直、私の中ではovertureが一番良いってことは変わらないのですが、他の曲も素晴らしい。エマワトソンが歌う可愛い声のBelleも良いし、私が泣きながらダウントンアビーから見送ったダンスティーブンスが歌うEvermoreも良いし、セリーヌディオンが作ったhow does the moment last forever最高。やっぱり美女と野獣の素晴らしさってベルの可愛さと優しさと綺麗なドレスもあるけど、とにかく音楽なんだなと再認識。


ちょっと文句言えるなら、主題歌はもっと重厚なオケ仕様にしていただけると完璧だった。ジョンレジェンドは良い、アリアナも抑えてくれるなら良い。でもなんなのこの打ち込みビートとぺらっぺらなストリングスは!



お願いだからオリジナルのキャスト連れてきて…ってなる。セリーヌディオンは既に確保してるからピーボブライソン連れてきて…。ご存命でしょう??

主題歌人選選びはディズニーの得意技だったはずなのに、珍しいこともあるもんです。






アランメンケンはリトルマーメイドからディズニーの音楽制作に関わっているようですが、今や彼なしにディズニー音楽は語れませんね。歴史的人物なイメージが付きすぎて、まだ元気に作曲できるなんて何歳なの!?と思っていましたが67才(2017年4月現在)。映像見る限りまだまだ現役って感じなのであと20年くらいは素敵な曲を作りまくってほしい。

ディズニー音楽がミュージカル感満載になったのって、きっとアランメンケンがいたからで、そのミュージカル感が冒頭のovertureにつながるのかと思うと感慨深いですね。アランメンケンは自身の音楽が関わるディズニー作品がブロードウェイ舞台化された時にそれぞれのovertureを作ってますが、そのどれと比べても今回のが最高の出来だと思う。私の中では。
そんな素晴らしい音楽がイマイチ日の目を見ない感じになっているのがとても悲しい。何か月振りかにブログを書いてやろう!という気にさせるくらいには悔しい。笑

なのでもう来年のオスカー作曲賞は是非ともアランメンケンに!!!!受賞曲はevermoreでもhoe does the moment last foreverでも、曲はどれもめっちゃいいので、もうオスカー像アランメンケンに渡してください。





モアナそっちのけで美女と野獣のプロモーションに励んでいる日本ディズニーですので、きっと公開されたら話題になるのだろうと思います。なんだかんだあっても近年は安定のディズニークオリティで実写も面白いし、私も夜勤明けとかに一人で観に行こうと思います。

それまでは、是非サントラで美女と野獣気分に浸ってみるのもいいのではないでしょうか!
オススメはovertureです!!!!!!


スポンサーサイト

ミュージカル | キンキーブーツ


キンキーブーツを観てきました。

2016-03-26-115423.jpg


お盆もしっかり働いて、頑張った自分へのご褒美にキンキーブーツを観てきました。
すごいよかった!!


キンキーブーツといったら、トニー賞でたくさん受賞してたアレでしょ?靴作るやつでしょ?くらいの知識しかなくて、詳しい内容は特に知らなかったのですが、それでも十二分に楽しめました。



海外のカンパニーが日本に来てやる公演だと、セットが微妙だったりして残念…ということがあるのですが、これはセットもしっかりしていて溢れるキラキラショー感を堪能できました。

生の三浦春馬と小池徹平が見られるという点でミーハーな私は楽しみにしていたのですが、そんなことより(それも十分楽しんだけれど)ショーとしてとっても面白かった。笑いあり涙ありの素敵な物語でした。



キャストの皆さんの動きやら台詞やらが、やたらアメリカナイズされていてそれもまた面白かった。ああいう感じだとしっかり笑えるし、笑いを取りに来てる感じも楽しい。

最後の挨拶で三浦春馬が言っていたけれど、やってみたかったローラという役を演じている彼はとても楽しそうでローラが出てくると舞台の空気がぱっと変わってとても素敵だなあと思いました。
ドラッグクイーンの役で女装するから、その容貌ばかりが報道されていたけれど、そういうところじゃなくて歌やダンスやローラの苦悩をしっかり演じているところがとても印象的だった。

小池徹平も、途中で自棄になるというか孤立してしまうシーン、すごく引き込まれて素敵な俳優さんだなあと思った。小池徹平っていくつになってもあの童顔を維持していて、「いつまで経っても変わらんなあ」というイメージで見ていたけれど、しっかり俳優さんだったのだなあと改めて感じました。声量が演奏に消されてしまっていることもあったけれど、セリフは聞き取りやすかった!

ソニン…かわいかった…。笑
ソニンって普段どういう声なの?あの声すごい特徴的で面白かった!お笑いポイントもすごくたくさんで楽しかった!




曲の日本語訳は、歌詞にときどき英語がさらっと混じっていて、「何て言ってる?え?英語か!」って結構何度もなる。笑
でもまたそれがいいんですわ。笑


イギリスが舞台だけど、内容的にニューヨークですごくウケそうな話だなあと感じました。実話ベースのようですが、こんな実話があったってすごい!
ドラッグクイーンとかも日本では何でもかんでも「オネエ」という言葉でひとくくりにされていて、その多様性がよくわからない感じになってしまっていますが、LGBTの人達がうけてしまっている差別や偏見も描かれていて、そういったものにどうやって対応していくのか、私たちはどういう心構えをもつべきなのかを考えさせられたシーンもありました。



本当に、何を書いたらいいのかわからないですが、とっても素敵な舞台で観に行ってよかったなあと感じています。
短い感想しか書いていませんが、あと残り何公演か、観に行ける機会のある方は是非。


少し落ち着いていたミュージカル熱が再燃しそうです…。
お金が飛んでゆく~_(:□ 」∠)_

実は、ニューヨークに再び旅行することを決めまして、これは完全にミュージカル熱爆発の予感です…。笑



シンプルセタフィルスキンケアをはじめました。


お久しぶりです。
社会人になって5ヶ月目ですが、まあしんどいことしんどいこと。笑
仕事柄、不規則な生活になっていまして、最近は連休すらないし、身体が疲れているのか大人ニキビがひどい(´・_・`)


ニキビといったら青春の証なわけですが、私は中高生のときニキビなんて一年に一回できるかできないかくらいで、肌だけは綺麗だったんですね。
それが、大学3年頃、つまり二十歳を超えたあたりからフェイスライン(とくにアゴ)にめちゃめちゃニキビができるようになって、生理前なんか毎月「ニキビ3つ育ててます(・ω<)☆」状態になってしまったんです。
で、そのニキビ達も時の経過とともに小さく消えていくのですが、そのニキビが治るころにはまた生理前で、ニキビがうまれてくる…という永遠に終わらないニキビスパイラルに陥るのです。


ここで言いたいのは、二十歳はお肌の曲がり角説は完全に正しいということ。(私調べ)




ニキビに悩んだことなんてなかった私はもう、ありとあらゆるニキビケア製品を試しまくりました。

皮膚科にいくほどのひどいニキビではないかな…と感じていたので、洗顔や保湿をもっとしっかりという基礎的なところから、ドラッグストアで売ってるニキビ対策製品やらオーガニック系のスキンケア、ティーツリーのケア製品でライン使いしていたことも。

とにかく、できることは全部やってみよう精神で何でもかんでも取り入れていたのです。


ニキビはよくなったり悪くなったりを繰り返し、少し落ち着いては来たものの完治とはならず、気付けば社会人になっていたのです。

で、不規則な生活が始まったりストレスもあるしで、こりゃまたニキビ勃発フラグ!!と焦った私は、今まであれこれと重ねていたスキンケアを心機一転シンプルなものに乗り換えてみようと決心。

そこで選んだのがセタフィルです。




先に書いておかなければならないのは、私の肌タイプですよね。
お店でみてもらうとふつう肌と言われるのですが、体感的には混合肌に感じます。眼の下はめちゃめちゃ乾燥するけど、Tゾーンはお昼過ぎにはテカりはしないがオイリーになってしまう感じ。



前置き長すぎましたが、本題に。

私はセタフィルをアメリカに行ったときに大売出しされているのを見て知って、日本ではコストコで売ってるのが有名かと思うのですが、シンプルスキンケアを探していたときにたまたまハンズで売っていたので買ってみました。


セタフィルからはクレンザーとローション、クリームを使っています。

他のケア製品も含めて使っている順に紹介します。


まず、朝。

①セタフィルジェントルクレンザー
index_pic_sec01_01.jpg 
ジェルの洗顔。朝だけこれを使ってます。
泡立てなくていいので、忙しい朝には楽でいいです。
泡立てる洗顔より、あまり洗ってる感はないですが、流してみるといい感じに保湿されつつ、朝起きた後のべたつきはしっかり落としてくれています。


②ペアアクネクリームW
069-01.png 
これはドラッグストアで売っている大人ニキビ用のクリームなのですが、私にはこれがめちゃめちゃ効きます。
これを塗って予防できる!という訳ではないのですが、うまれたニキビを大きくさせずに消滅させられます。これってとても大事。精神的にもだいぶ嬉しい。笑


③セタフィルモイスチャライジングローション
index_pic_sec02_01.jpg
ローションという名前でありながら、乳液とクリームの間みたいなテクスチャーです。
化粧水的なものを間に挟んだ方がいいのかもしれませんが、私はこれで済ませてしまっています。ローションという名前だし、多分大丈夫でしょう。笑
多く塗りすぎると顔面が真っ白になりますが、馴染ませているとしっとりもちもちになります。べたつきというよりはもちもちに近い感じです。


④セタフィルモイスチャライジングクリーム
0000000000132.jpg 
上記のローションよりしっかりしたテクスチャーです。
これを全顔に塗ると、私の場合は朝のケアとしては重たすぎるので、いつも乾燥しがちな目の下(くまゾーンあたり)にだけうっすらと塗っています。



朝のケアはこれだけ。このあと少し時間をおいて馴染ませてから、メイクして出勤しています。



続いて夜のケア。こちらも大して変わらないのですが…。

①クレンジング
クレンジングはこれといったこだわりがなく、使っているものがいつも違います。
オイルのクレンジングがあまり好きではないので、いつもクリームタイプのクレンジングでマッサージしながら落としています。
とにかくクリームタイプのクレンジングなら何でもいいやといった感じで、ドラッグストアやバラエティショップなどで適当に買ったものを使用しています。


②洗顔
朝はジェルクレンジングで洗顔しているのですが、一日に一度はしっかり洗顔しておきたいので泡立てるタイプで洗顔しています。
以前マレーシアに旅行に行ったときに買った、なまこ石鹸がすっきり洗えるのにつっぱらずいい感じに保湿もしてくれていたので、ものすごく気に入って使い倒していたのですが、使い切ってしまってからは特にこれといったお気に入り商品もできず…。今はメナードの洗顔料を使っていますが、石鹸を使っていることもあるし、すっきり洗える感じがするものなら何でもという感じで、とくにこだわりなしです。


③ペアアクネクリームW
上に同じ。

④クオリティファースト ホワイトシートマスク
white.jpg 
夜のケアではこのシートを愛用しています。
毎日使い用の大容量パックなのに、シートの厚みもしっかりあるし、使用後ももちっとしている感じがして気に入って使っています。
ピンクのパッケージの保湿タイプ?のものがあるんですが、今は時期的に美白タイプを使っています。美白タイプは保湿タイプより若干刺激が強い気がしますが、私は特に肌が弱いタイプではないので気にせず使っています。気になる方は少ない枚数のものも売っているので、そちらで試してみるといいかもしれません。

⑤セタフィルモイスチャライジングローション
上に同じ。

⑥セタフィルモイスチャライジングクリーム
上に同じですが、全顔にしっかりと塗ります。目の下など乾燥が気になるところは重ね塗りしています。



以上!

このスキンケアに変えてから一か月半くらいたったのですが、それからニキビのできる頻度が減った気がします。
やはり生理前などはぷつっとアゴに生まれてしまったりするのですが、以前と比べるとだいぶましになった気がする。

ニキビのみならず、肌トラブルがあると気にしてしまって、どうしてもいろいろ塗りたくってしまう気があるのですが、シンプルなケアが一番いいのかもしれないな…と思い直しています。


セタフィルは皮膚科でもすすめられるような製品なので、敏感肌の方でも安心というのも嬉しいポイントです。
ただ、ナッツ類にアレルギーのある方は使用禁です。ご注意ください。



セタフィルはそんなに高いスキンケア製品ではないので、手を出しやすいというのもあるし、私のようなシンプルケア初心者でも保湿してくれてる感がしっかりあって安心できるので個人的にオススメです。

今後どんどん年齢を重ねていくことを考えると、エイジングケアとかもしていかないといけないだろうし(早く始めるに越したことはないとか言いますもんね…)、いつまでもこの単純なケアという訳にはいかないかもしれませんが、ニキビが落ち着いてくるまではずっとこのケアを続けようと思っています。


私はセタフィルについて特に詳しいわけでもなく、買ってただただ使っているだけの者なので、使い方が間違っている部分もあるかもしれないのですが、参考にしていただければ幸いです。

ニキビに悩む皆さん、一緒に乗り越えていきましょう(´;ω;`)


プロフィール

amelia

Author:amelia
映画/音楽/christina aguilera
大学生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。